地域における運転マナーの特徴とクセ タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選

タクシーの転職で気になる「地域における運転マナーの特徴とクセ」

埼玉の道路事情はまだまだ人口増加に追いついておらず、運転マナーが悪いと言われています。

 

ウインカーを出さない車、高齢者ドライバー、軽トラなどは事故を招くことが多いため、タクシードライバーの仕事をする時には注意が必要です。

 

 

埼玉の道路事情

埼玉はベッドタウンとして一気に住民、人口が増えたという側面があり、道路の整備が追いついていないという問題が潜在的にあります。

 

関東の経済圏に巻き込まれてしまって、もともと田舎の感覚で運転されていたマナーのまま時代に追いつけていないようなところがあります。田舎特有のウインカー無しの運転やモラルの低い運転をする人も多くなってしまい、事故もそれに比例して多くなっています。

 

人が多く集まれば運転マナーの悪い人も必然的に出てきてしまうので仕方がないですが、土地柄、人口密集地というところを考えるとタクシードライバーはきちんと運転マナーを守らないと公共交通機関としての責務を果たせません。

 

高齢ドライバーが多い

埼玉県には高齢ドライバーも多く、不安定な運転、判断速度の遅いドライバーが多いことも死亡事故が多くなってしまう理由のひとつです。

 

高齢者は若い人に比べてブレーキを踏むまでが遅く、狭い道でむやみにスピードを出して走ることもあるため、タクシードライバーとしてはこうした方々に注意が必要です。高齢ドライバーも一般ドライバー、おばちゃんドライバーなどもよそ見をしながら運転する人が多いため、これも事故を多くする要因となっています。

 

みんながみんな危険でモラルのない運転をしているわけではないですが、死亡事故数は全国第2位というレッテルが実績としてあるのでドライバーの仕事をする人は県民を代表して良い運転を示せるくらいに安全運転を心がけましょう。

 

ウインカーなしの車線変更に注意

埼玉県や愛知県など死亡事故の多い地域ほどウインカーを出さない車が多く、ウインカーを出したとしてもやたら短い時間しか出さずに無理やり車線変更をしてくるようなマナーの理解できない人間が多くいます。

 

そのため、ウインカーを信用せず、ウインカー無しで車線変更してくると常に警戒していないとタクシーでも事故を起こされてしまいます。

 

ドライブレコーダーを搭載していれば悪質ドライバーの被害にあったとしてもドライバーと乗客を守ることができますが、できれば事故に巻き込まれないようにするのが重要です。

 

安全に乗客を乗せていけるように、埼玉県内の運転マナーや運転のクセも把握して、事前に事故に巻き込まれないようにしましょう。

関連ページ

お客さんを拾いやすいのはどこ?
タクシーの仕事をする時には、どんな場所に人が流れているのかをチェックする必要があります。人の流れの多い場所はタクシーの需要も大きく、売上アップにつながりやすいので駅前や病院近くは要チェックです。
タクシー運転手は若者にもできるの?
タクシードライバーの仕事をするにはいくつか条件がありますが、1種運転免許証を取得してから3年以上経過していれば2種免許を取得できるため、若い方でも免許取得後の時期が問題なければタクシードライバーになれます。
タクシー運転手は中高年でも働ける
タクシー運転手の仕事は、40代から60代の方でも採用される可能性がある仕事です。仕事の難易度は高くはないですが、免許の条件と土地勘などの条件をクリアすればきちんと勤務できるでしょう。
どんな事故が最も多い?
タクシードライバーの仕事をしていても、その地域に多い交通事故の種類を把握しておくと、安全運転の質を更に高められます。
ドライバーが持っていると良いスキルや資格
埼玉県でタクシードライバーをする時に持っていたほうが良いスキルは、英語や中国語などの外国語スキル、グルメ情報に詳しいスキル、接客業の経験があるというスキルで、経験豊富な方のほうが働きやすいでしょう。
未経験で働く場合の転職の流れ
埼玉県でタクシードライバーになる場合、まずは求人を探す必要があります。タクシー会社の求人を見つけたら転職サイトなどからエントリーして、履歴書を用意し、採用面接や採用試験を受けることになります。
タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと
タクシードライバーとして働く辛い所は、勤務形態によっては労働時間が長くなりやすいということと、休憩する時間帯によっては昼夜逆転生活になりやすいということです。
転職に失敗しないための教訓と注意点
転職するときには、失敗しないように事前のリサーチと準備が重要になります。転職で必要な履歴書やエントリーシートの提出、会社へのアピールの方向性などが重要になります。
タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ
タクシードライバーを目指す時には、履歴書に車の運転経験、免許証の取得状況などを記載したほうが良いです。2種免許がなくてもものの運搬などをしていた場合にはそのスキルを認めてもらえる可能性があります。
酔った客を乗せる時の注意点
タクシードライバーの仕事をしているとお酒に酔ったお客さんを乗せることもあります。この場合、お客さんがただ酔っているだけなのか、吐くほど酔っているのかしっかりチェックしましょう。
タクシー運転手が1日に稼げる平均金額
タクシー運転手として稼げる金額はきちんとお客を取れていれば1万円から3万円ほどは売上を得られるはずです。固定給の金額を考えると1日あたりの収入は比較的簡単に計算ができます。
タクシー会社の給与体系や待遇の基礎知識
タクシー会社に転職する時には、その給料体系をきちんと把握しましょう。どんな計算方法で給料が決まるのか、ドライバーへの待遇や福利厚生などもきちんと確かめておくことをおすすめします。
タクシー運転手の1日の仕事の流れ
埼玉県のタクシー運転手でも仕事をする時の流れは大体決まっています。1日の仕事始めにはアルコールチェックや体調チェックなどを行い、車両の安全なども確認してから仕事を始めていきます。
女性でもできるタクシー運転手の仕事とそのメリット
タクシードライバーの仕事は、女性にもその働くチャンスが生まれています。なかなか利益をあげにくい現代社会において、タクシードライバーの仕事の報酬はとても魅力的です。