酔った客を乗せる時の注意点 タクシー求人「埼玉県」

タクシーの転職で気になる「酔った客を乗せる時の注意点」

タクシードライバーの仕事をしているとお酒に酔ったお客さんを乗せることもあります。

 

この場合、お客さんがただ酔っているだけなのか、吐くほど酔っているのかしっかりチェックしましょう。

 

乗客の義務を知っておこう

タクシーの乗客には、「善良なる管理者としての注意義務」というものに基づいて、自分が座る座席や車両に対して規定の運賃を支払う義務があります。

 

この法的な解釈を見ると、乗客が吐く可能性があるのにもかかわらずタクシーに自分で乗って車両を汚した上に、他の乗客がその車両を利用する機会を奪ったことになるため、タクシー会社、運転手に対して損害を与えたことになります。

 

車内で座席や床に吐いてしまった場合には、クリーニング費用がだいたい1万円から3万円ほど乗客に請求されるのが一般的ですが、袋に吐いた場合、周囲に吐瀉物がなければ基本的にクリーニングは生じません。ただし、ノロウイルスが原因で吐いた場合は、その限りではなくタクシー会社から乗客に対して損害賠償請求等が行われても仕方がない事態になります。

 

吐きそうな乗客は乗せない

タクシードライバーは安全に乗客を運ぶ義務があるため、乗せる乗客が吐きそうだと判断した場合、泥酔していて吐く可能性や暴力を振るわれる可能性があると判断した場合は、その客を乗せなくても良いです。

 

必ず乗客を乗せないといけないわけではなく、公共交通機関のひとつとして、タクシーを安全に運行できる場合にのみ乗客を乗せるようにしましょう。

 

乗客が吐いた場合はそれがお酒に酔っていただけなのか、ノロウイルス感染のためなのかはっきりしないため、後者の可能性を考えて他の人との接触を避けてすぐに次亜塩素酸ナトリウムなどを含んだ消毒液で車内を消毒し、運転手も数日間はノロウイルスが発症しないことを確かめてから出ないと仕事に戻れません。

 

迷惑料は法的にはおすすめできない

吐いたその場でタクシー運転手が乗客に迷惑料を請求するのは法的な束縛に基づいたものではないのでどちらからも提案しないほうが良いです。

 

明らかに泥酔していて吐いてしまいそうな客、運転手に対して暴言をはいて暴力を振るう可能性があると判断できた場合は、運転手はタクシー運転手自身の判断でその乗客の乗車を拒否できる道路運送法13条や自動車運送事業等運輸規則第13条に基づいて行動しましょう。

 

また、タクシードライバーは安全に運転することを心がけて、乗客が車酔いで吐かないようにする工夫も必要となりますので、荒い運転や下手なブレーキ操作などはしないようにしましょう。

関連ページ

お客さんを拾いやすいのはどこ?
タクシーの仕事をする時には、どんな場所に人が流れているのかをチェックする必要があります。人の流れの多い場所はタクシーの需要も大きく、売上アップにつながりやすいので駅前や病院近くは要チェックです。
タクシー運転手は若者にもできるの?
タクシードライバーの仕事をするにはいくつか条件がありますが、1種運転免許証を取得してから3年以上経過していれば2種免許を取得できるため、若い方でも免許取得後の時期が問題なければタクシードライバーになれます。
タクシー運転手は中高年でも働ける
タクシー運転手の仕事は、40代から60代の方でも採用される可能性がある仕事です。仕事の難易度は高くはないですが、免許の条件と土地勘などの条件をクリアすればきちんと勤務できるでしょう。
どんな事故が最も多い?
タクシードライバーの仕事をしていても、その地域に多い交通事故の種類を把握しておくと、安全運転の質を更に高められます。
ドライバーが持っていると良いスキルや資格
埼玉県でタクシードライバーをする時に持っていたほうが良いスキルは、英語や中国語などの外国語スキル、グルメ情報に詳しいスキル、接客業の経験があるというスキルで、経験豊富な方のほうが働きやすいでしょう。
未経験で働く場合の転職の流れ
埼玉県でタクシードライバーになる場合、まずは求人を探す必要があります。タクシー会社の求人を見つけたら転職サイトなどからエントリーして、履歴書を用意し、採用面接や採用試験を受けることになります。
タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと
タクシードライバーとして働く辛い所は、勤務形態によっては労働時間が長くなりやすいということと、休憩する時間帯によっては昼夜逆転生活になりやすいということです。
地域における運転マナーの特徴とクセ
埼玉の道路事情はまだまだ人口増加に追いついておらず、運転マナーが悪いと言われています。ウインカーを出さない車、高齢者ドライバー、軽トラなどは事故を招くことが多いため、タクシードライバーの仕事をする時には注意が必要です。
転職に失敗しないための教訓と注意点
転職するときには、失敗しないように事前のリサーチと準備が重要になります。転職で必要な履歴書やエントリーシートの提出、会社へのアピールの方向性などが重要になります。
タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ
タクシードライバーを目指す時には、履歴書に車の運転経験、免許証の取得状況などを記載したほうが良いです。2種免許がなくてもものの運搬などをしていた場合にはそのスキルを認めてもらえる可能性があります。
タクシー運転手が1日に稼げる平均金額
タクシー運転手として稼げる金額はきちんとお客を取れていれば1万円から3万円ほどは売上を得られるはずです。固定給の金額を考えると1日あたりの収入は比較的簡単に計算ができます。
タクシー会社の給与体系や待遇の基礎知識
タクシー会社に転職する時には、その給料体系をきちんと把握しましょう。どんな計算方法で給料が決まるのか、ドライバーへの待遇や福利厚生などもきちんと確かめておくことをおすすめします。
タクシー運転手の1日の仕事の流れ
埼玉県のタクシー運転手でも仕事をする時の流れは大体決まっています。1日の仕事始めにはアルコールチェックや体調チェックなどを行い、車両の安全なども確認してから仕事を始めていきます。
女性でもできるタクシー運転手の仕事とそのメリット
タクシードライバーの仕事は、女性にもその働くチャンスが生まれています。なかなか利益をあげにくい現代社会において、タクシードライバーの仕事の報酬はとても魅力的です。