タクシー運転手に転職するデメリットと仕事で大変なこと

タクシーの転職で気になる「デメリットと仕事で大変なこと」

タクシードライバーとして働く辛い所は、勤務形態によっては労働時間が長くなりやすいということと、休憩する時間帯によっては昼夜逆転生活になりやすいということです。

 

 

 

明け休みの仕組みが大変かも?

隔日勤務と言われるタイプの場合は、約1日と12時間ほど働いてから1日の残りはそのまま休み、次の日も休みになってからまた朝から仕事をするというようなものです。

 

実質、感覚としては2日間働いて1日しっかり休むという感覚の働き方になるため、疲れが残りやすく、生活をこの勤務形態に合わせるのが大変になります。

 

土日にしっかり休みたい場合は、日勤を選ぶのが良いですが、ときに日勤、時に隔日勤務を選ぶというような働き方になってしまうこともあるため、休み方、働き方は自由があると言われていますが、実際にはかなり仕事に左右されるところがあります。

 

働き方に慣れると他の方の生活スタイルとかけ離れてきてしまうことがあるため、家族や友人との時間感覚のズレはデメリットの一つです。

 

足腰に負担がかかる

タクシードライバーの仕事は1日中ずっと座っていることが多いため、足腰にかなりの負担がかかります。座席に座っているだけでも腰に負担がかかりますが、ずっと運転をしていると膝や肩まで痛くなってきます。さらに、運転独特の目の疲れも蓄積してくるため、適度に休憩を取ったとしても身体にはかなりの負担がかかります。

 

この場合、駅に待機して働いているほうが待機時間や順番待ち時間に車から出て体を動かしたり、車内で座席を倒して体を休めたりすることも出来ます。どうしてもタクシードライバーは足腰に負担がかかるので何か対策をとっておきましょう。

 

埼玉でタクシードライバーをする場合には特に、乗せるお客さんが多くなるため、適度に休憩を取って、安全に働けるようにしましょう。

 

お客さんと接するのが大変

長時間働いていると、どうしてもストレスによる疲れが溜まっていき、精神的にも疲れてしまいます。

 

労働時間が長ければ体臭がきつくなることもあり、長時間お風呂に入れないというのもストレスになります。そんな状況でお客さんを乗せるのはかなりきついため、時々会社に戻って休憩をとったり、疲れ具合に合わせて事務所に話を通して、無理に働きすぎずに休むのも大切です。

 

 

疲れがたまりすぎていると、そのせいで事故を起こしてしまうこともあり、タクシー事故は間接的に会社の評判をかなり悪くします。乗客、事故相手、車両の損害補填などを考えると事故はかなりのリスクがあります。

 

お客さんと接するのは決して楽ではないので、接客にストレスをあまり感じないというのもタクシードライバーに求められることです。