タクシー運転手の転職に失敗しないための教訓と注意点

タクシーの転職で気になる「転職に失敗しないための教訓と注意点」

転職するときには、失敗しないように事前のリサーチと準備が重要になります。

 

転職で必要な履歴書やエントリーシートの提出、会社へのアピールの方向性などが重要になります。

 

 

会社のニーズを把握しよう

会社が求人を出す時には、何を理由に求人を出しているのかリサーチすることから始めましょう。

 

どんな仕事でも自分に何を求められているのか把握するのは大切なことで、会社の求人に対しても同じ感覚でアピールしていくと採用されやすくできるでしょう。タクシー会社がとにかく人員を補充したいと考えているならば、最低限の条件を満たしていれば採用されるでしょう。

 

しかし、観光タクシーの人員や子育てタクシーの人員を集めたいと考えている場合には、それらの会社のやりたいことに適したスキルがあることをアピールしないと採用されにくくなります。

 

観光系の資格は各地域ごとに用意されていることがあるので、余裕のある時に観光系の資格を取得してしっかりこうした時に自己アピールできるようにしましょう。

 

資格とスキルはとても大切

タクシー運転手の仕事をする時には持っている資格とスキルはとても大切です。安全運転の力を証明したい場合はゴールド免許であることを見せられれば十分でしょう。

 

また、バイク、原付、中型免許、大型免許など車両の運転免許を複数持っているとそれだけ車両に対する理解があると捉えられるため採用されやすくなる可能性があります。また、接客面では英会話スキル、中国語会話スキルを証明できる物があるのが望ましく、観光タクシーとしての仕事に取り組めるでしょう。

 

また、介護ヘルパー、保育士の経験がある場合は子育てタクシー、介護タクシーなどの分野でも働くことができます。

 

地域の土地勘は大切

タクシードライバーとして特定の地域で働く場合、その地域で生まれ育っていることがメリットになります。

 

世間的にはさまざまな広い世界を見てきた人材のほうが有力だと認識されることがありますが、若いうちから外の世界に出て学んでいた場合は、ローカルな場所の情報を把握していないと仕事にならないタクシードライバーの仕事とは関係ないスキルになってしまいます。

 

タクシードライバーをする地域に関しては早めにマップを覚えて、お客さんがよく利用するような場所を把握するとより仕事が効率的になります。

 

一方通行のある場所、時間帯によって激しく混雑する道とショートカットに適した道を把握できていればタクシードライバーとして採用されやすくなります。地域の土地勘はとても大切なので、出身地と出身校なども同じ地元だとアピールできると採用されやすくなる可能性があります。