タクシー会社への応募に必要な「履歴書」「職務経歴書」

タクシー会社に転職に必要な「書類作成のコツ」

タクシードライバーを目指す時には、履歴書に車の運転経験、免許証の取得状況などを記載したほうが良いです。

 

2種免許がなくてもものの運搬などをしていた場合にはそのスキルを認めてもらえる可能性があります。

 

郵便局や宅急便のスキルはおすすめ

基本的に履歴書の書き方はどこの会社に転職する場合も同じですが、タクシードライバーになる目的がある場合は郵便局での配達、宅急便の荷物運搬の経験があるとタクシー会社への採用に有利に働く可能性があります。

 

運んでいたものが人ではなくても、土地勘があるということや運搬関係の仕事のモラルと経験があるという点はタクシードライバーにも通じるスキルになります。郵便局の配達員などはかなりローカルなところまで道を知り尽くしている可能性があると考えてもらえるため、タクシードライバーとしても働きやすくなります。

 

宅急便の運搬でもさまざまなローカルな道を走り、タクシーよりも大きい車両を操作していたというスキルが有るため、タクシー会社に転職するときにも役立つでしょう。

 

パソコンで見やすく作ろう

履歴書は字のきれいさに自信があるならば手書きでも良いですが、パソコンで履歴書を作っても良いでしょう。一度テンプレートとして自分自身の履歴書を書いてしまえば、あとはコピーするだけでいろいろな会社向けに提出できる履歴書にできるので効率よく転職活動ができます。

 

履歴書には決まった書式というものは特にないため、取得している資格が多い方や経歴、職歴を毎回手書きするのが嫌だという方はパソコンで作ってしまいましょう。

 

フリーランスとして働いていた時期が長い方は職歴がかなり多くなってくるため、パソコンで書かないと十分な履歴書に出来なくなってしまいます。自身の能力と魅力をきちんと伝えられるように履歴書を作りましょう。

 

2種免許があると理想的

タクシーの仕事をするためには2種免許を持っている必要があります。

 

この2種免許がないとどれだけ安全運転できても人を乗せて走れないので、会社負担で免許を取得するか、個人で2種免許を取得してしまいましょう。2種免許は会社負担でも取得できますが、個人で最初から持っている方のほうが会社にとっては余計な出費を抑えることができて、働く側としても会社に引け目を感じずにしっかり仕事に取り組めます。

 

会社によっては2種免許取得費用を支払う代わりに一定期間以上勤務しないといけないという契約になっていることがあるため、事前に労働契約内容をチェックしたり、詳細を聞いてから転職を決定するようにしましょう。