タクシー運転手の未経験で働く場合の転職の流れ

タクシーで気になる「未経験で働く場合」

埼玉県でタクシードライバーになる場合、まずは求人を探す必要があります。

 

タクシー会社の求人を見つけたら転職サイトなどからエントリーして、履歴書を用意し、採用面接や採用試験を受けることになります。

 

履歴書を用意しておこう

タクシードライバーになるためにも履歴書は必要です。

 

転職サービス、転職サイトを利用する場合には、サイト内のやりとりだけである程度履歴書の提出ができる場合もありますが、やはり履歴書は用意しておいてきちんと提出できるようにしましょう。

 

タクシー会社の場合、履歴書は手書きのほうが良いとされていますが、近年の時代の変化からパソコンで作った履歴書でも問題はありません。特に経歴、職歴、資格部分は変化がないため、Excelなどで作っておいても良いでしょう。

 

履歴書は志望理由やスキルのアピール、特技のアピールなどもできるので、それぞれの個性がきちんと伝わるようにしましょう。2種免許の取得の関係上、1種免許をいつ取得したか、免許証の色は何色かなども記載できると理想的です。

 

未経験の場合に気をつけること

タクシードライバーとしての経験がなくても、タクシードライバーになることはできます。

 

しかし、ドライバーの仕事は決して簡単ではないので、2種免許の取得やタクシー車内の機械、端末の操作などを身につける必要があり、慣れるまでは大変です。

 

運転の難しさや、タクシー業界の独特のルールやマナーなども覚えないといけないため初心者として学ぶことが多いです。他の業種とは感覚が異なる部分や、タクシー業界独特の感覚、専門用語などもあるため、きちんと慣れるには1年から2年は経験を積むことになるでしょう。

 

事前にこうした慣れと経験の積み重ねが必要であるということを理解してドライバーの仕事を始めましょう。

 

2種免許取得費用の目安

タクシードライバーになるのに必要な2種免許は21歳以上で1種免許取得から3年以上経過していることが受験条件になります。取得費用は約18万円程かかり、中型、大型、準中型などの種類はありますが基本的に同じ料金です。

 

卒業まで同じ料金の範囲内でサポートしてもらえる教習所と卒検を受けた回数分どんどん費用が加算されていってしまう場合があるため、会社が負担してくれる場合は、しっかり一発で合格できるようにしましょう。

 

時にはこの取得費用会社負担の代わりに、会社で数年間必ず働かなければいけないというような条件が契約書に書かれていることもあるようなので労働契約を結ぶ際にはきちんと書面も確認しましょう。