タクシーの仕事と転職の際に持っていると良いスキルと資格

タクシーで気になる「持っていると良いスキルや資格」

埼玉県でタクシードライバーをする時に持っていたほうが良いスキルは、英語や中国語などの外国語スキル、グルメ情報に詳しいスキル、接客業の経験があるというスキルで、経験豊富な方のほうが働きやすいでしょう。

 

 

外国語のスキルは大切

埼玉県に限らず、外国の方とのコミュニケーションが取れるスキルは非常に役立ちます。一般的なタクシーだけでなく、観光タクシーや子育てタクシー、福祉タクシーと行った複数の分野があります。

 

その中で観光タクシーを行う場合、外国語をきちんと使えるようにしておかないと最低限のコミュニケーションが取れないので、しっかり英語、中国語を学んでおいて、英会話はきちんと学んでおくと良いでしょう。英語の難しい文法を把握する必要はないですが、英会話をしっかり身につけておいて日常会話はできるようにしておきましょう。

 

中国語や韓国語、ポルトガル語などをそれぞれ身につけていくのもよいですが、せめて英語が話せればだいたいの外国人とコミュニケーションが取れるのでしっかり少しでも身につけておきましょう。

 

接客スキルは絶対必要

タクシードライバーには、最低限のスキルとして乗せるお客さんへのサービス、お金の受け渡し、挨拶やお礼の言葉などをきちんと言えないといけません。

 

ぶっきらぼうな接客をするとお客さんが二度とその会社のタクシーを利用してくれなくなる可能性があります。その場合、個人の問題としてではなく、会社の問題として影響が大きくなるため、マナーの悪い対応をするのはハイリスクです。

 

お客さんによっては会社に直接苦情を伝えたり、その地域の運輸局、タクシー協会に通報したりされてしまえば、会社の利益と評判に多くな影響が出てきます。接客スキルがあればこうした対応の悪さでのトラブルは防げますので気をつけましょう。

 

観光ガイドのスキル

タクシードライバーの中には観光ガイドに特化したタクシーとして仕事を行う人もいます。

 

観光ガイド、観光案内などもできるタクシードライバーとして、お客さん、グループに1日つきっきりでタクシーを走らせて比較的楽に手堅く収益を得ることもできます。観光地の詳細、観光スポットの紹介などができればこうした仕事も可能です。

 

地域の観光ボランティアの経験や観光系に資格があれば、そうした仕事もできるのでスキルは他分野に渡って磨いておきましょう。

 

大勢の人に触れ合うことになる仕事なので、必要に応じてその場にあった力を発揮できるのが理想です。