タクシー運転手は中高年でも働ける魅力の仕事で転職におすすめ

タクシーの気になる「運転手は中高年でも働ける」

タクシー運転手の仕事は、40代から60代の方でも採用される可能性がある仕事です。

 

仕事の難易度は高くはないですが、免許の条件と土地勘などの条件をクリアすればきちんと勤務できるでしょう。

 

 

埼玉県は需要が大きい

埼玉県は都会のベッドタウンとして機能している側面があるため、高齢者、シルバー人材のマーケットも大きいです。

 

そのため、埼玉県内でタクシードライバーの仕事をしようと考えている方も多いため、他の地域に比べるとすんなり就職できない可能性があります。タクシードライバーとしての経験があったり、英語、中国語が話せるスキルがあれば採用される可能性も高く、接客や観光ガイドなどのスキルがあれば採用されやすくなるでしょう。

 

また、2種免許をすでに持っている方は取得費用会社負担で資格を取得する人よりもコストが掛からず即戦力として雇えるため、2種免許を持っていたほうが働き始めやすいといわれています。

 

タクシードライバーの離職率は?

タクシードライバーは離職率が高いといわれている分野の一つですが、近年は離職率が下がってきており、シルバー人材などは他の仕事に就きにくいということもあり、会社環境の改善があったこともあって離職率は安定してきています。

 

その土地で生まれ育った人には特にタクシードライバーの仕事は向いており、道の情報や裏道、混雑する時間帯、避けた方が良い道などが把握できている人は中年でも採用されやすいため、経験のある方ほどドライバーの仕事はおすすめです。

 

離職率が高い会社かどうか判断する場合は、常に求人を出しているかどうかでチェックするとよく、求人がいつでもあるような会社は採用基準が厳しいか、離職率が高いかのどちらかでしょう。

 

車の運転ができればOK

中年や高齢者でも、車の運転、安全運転ができればタクシードライバーになれます。新たにスキルを身につけないといけないことはないので、既に身につけていることだけでも十分仕事ができます。

 

車の運転と、最低限の接客スキルがあればよく、タクシードライバーになれるか心配な方は、運転免許証の色や運転経験を考えて求人に応募するようにしましょう。タダ運転できればよいのではないですが、きちんとお客さんを乗せて運搬し、タクシー会社の看板を背負っているという責任感を持てれば問題ないでしょう。

 

また、公共交通機関の一端を担うものとしての自覚も芽生えれば、長くタクシードライバーとして働いていけるはずです。