タクシー運転手は20代30代の若者にもできるかと転職

タクシーの仕事は「若者にもできるか」

タクシードライバーの仕事をするにはいくつか条件がありますが、1種運転免許証を取得してから3年以上経過していれば2種免許を取得できるため、若い方でも免許取得後の時期が問題なければタクシードライバーになれます。

 

 

 

20代の若者でもできる

タクシードライバーの仕事は20代の若者でも問題なくできますが、免許証の取得時期の問題と2種免許取得の必要があるという問題をクリアしないといけません。一般的に教習所で取得できる1種免許を取得してから3年経過していないとタクシードライバーになるのに必要な条件を満たせません。

 

また、2種免許を取得していないとドライバーになれないので、2種免許取得費用会社負担などの制度のある会社を選んで、2週間ほどで2種免許を取得してから本格的にタクシードライバーとしての仕事が始まります。

 

研修などを受ける必要がある上、土地勘も求められるので若い方でもその土地で生まれ育っていて、道に詳しい方ならばその仕事をするのに問題はないでしょう。

 

接客スキルも求められる

タクシードライバーの仕事では、お客さんを乗せて運ぶだけではなく、接客スキルも多少求められます。

 

決して難しいことではないですが、お客さんとトークをするような場合もあるので、いろいろな話題についていけるようにしないといけないという大変さもあります。運転に十分慣れていて、おしゃべりしながら、道を確認しながら、交通安全にも配慮しないといけないため、経験が足りない方は少し難しいかもしれません。

 

社会人になったばかりの方の場合は接客が十分にできない可能性があるため、せめて20代後半くらいの方のほうがうまくお客さんと応対できるかもしれません。

 

土地勘を身につける必要がある

25歳の方と60歳の方、それぞれ生まれも育ちも同じ場所である場合は、やはり60歳のタクシードライバーのほうがなんとなく安心感があるものです。

 

若い方にとってこうした部分はどうしても勝てない部分ですが、地道に経験を積んで土地勘を付けていきましょう。若さゆえに元気に挨拶したり、明るく接したり、若者特有の感覚やフレッシュな笑顔で接客するなどするとそれもまた魅力的です。

 

土地勘がないときちんと仕事の信頼感が出せませんが、若さで接客経験などをカバーして、カーナビの賢い使い方などで知らない場所への移動もカバーできれば仕事ができないことはありません。

 

若者でも免許の問題だけクリアできればきちんとドライバーの仕事はできますので、工夫して仕事に取り組んでみてください。